がん保険の基本的な給付金

日本人の死因は長い間ガンが1位となっており、ガンを予防するための生活習慣なども話題となっています。
そんなもしものときのために備えが必要だろうと考えていらっしゃる方も多くいると思います。

そのようなとき、一番選択肢に上がるのはがん保険でしょう。がん保険とはその名の通りがんのための保険です。原則としてがんのみを対象にしており、、厳しい闘病生活の強い味方になってくれる保険です。

保険会社によっても様々な保障がありますが、一般的なものを挙げるならば診断給付金、入院給付金、手術給付金、通院給付金の4つでしょうか。

診断給付金というのは、はじめてがんという診断を受けた際に給付されるものです。
がん保険ではこの給付金の給付額が高く設定されていることが多いのが特徴です。

がんで入院した際に給付されるのが入院給付金です。
がんはその性質上入退院を繰り返すことが多いため、基本的に日数制限が設定されていないことが多くなっています。

がんの手術をした際に支払われるのが手術給付金で、一回の手術につき給付されます。

最後の通院給付金は、通院の際に受け取ることが出来るものです。
その他にも保険によって付加されているものが違いますので、自分にあった保険を探してみると良いでしょう。