掛け捨てではもったいないがん保険

がん保険の目的は、がんにかかった時の医療費の出費による経済的損失を抑えるためのものです。
二人に一人ががんに罹るという統計から見ても決して特別な病気ではありません。

手術や治療費など負担がかさみますからいざという時のためにもがん保険に加入しておく事で備えるべきです。

現在、日本国内で販売されているがん保険は比較的掛金の安い掛け捨て型が主流です。
加入者からすれば月々の負担が抑えられる掛け捨て型の保険に加入するのが自然な流れとなりますが、月5千円の掛け金の保険が年間にすると6万円と決して安い金額ではありません。

病気に罹らないに越したことはないのですが、経済的事情から生活費を抑えている家庭も少なくありません。

がん保険の中では、掛け捨て型でも掛けた年数に応じて掛金のパーセントに応じて還付金が出る保険会社もあります。
当然ながら一般の掛け捨て型よりも割高にはなりますが、病気もなくずっと保険料を掛け続けているだけでは面白くありませんし、還付金が出る事で楽しみもあります。

保険期間中の還付金は保険会社からの通知でそういえばと気が付く方の割合が多いそうです。
がんに罹った時にがん保険に加入して良かったと実感する感覚程ではないですが、思いがけない還付金を受け取るというイベントがあれば保険を掛けていて良かったと思えるものです。

いざという時と共に貰える喜びもセットにしたがん保険に加入してはいかがでしょうか。